光触媒人工植物とは?

光触媒人工植物 光の楽園とは?
光触媒・光の楽園とは?類似品・粗悪品にご注意下さい!

光触媒・光の楽園とは、消臭・防汚・抗菌・ホルムアルデヒドの分解をする人工植物です。

●消臭・・・タバコ、ペット、アンモニアなどの気になる悪臭を消去します。

●防汚・・・表面に付着した種々の有機物を分解し、汚れにくくします。

●抗菌・・・酸化力により雑菌を分解し、増殖を抑制します。

●ホルムアルデヒドの分解・・・建材や家具等から発生するホルムアルデヒドを分解・除去します。

正式な名称は、酸化チタン光触媒と言います。

これは、通常の植物の場合、葉緑素が光のエネルギーを使って、二酸化酸素を酸素に変えたりするのと同様に、
太陽の光や可視光(蛍光灯等)のエネルギーを使って、空気を清浄化する作用のことを言います。
※可視光応答型酸化チタンをコーティングしておりますので、長期間安定して永続的に効果を発揮します。

適用面積は、卓上型(小型)で2~10㎡、フロアー型(大型)で8~20㎡です。

◎日光が届かない暗がりにも置けます。
◎病院や料理店など、清潔さを求められる場所に最適です。
◎クーラーを使うと空気が澱んできますので、これからの季節も大活躍です。
(見た目も涼しげですしね)
◎長期でお家を空ける方にもお勧めです。
◎観葉植物を何度も失敗している方も、これなら枯れません。
◎小さなお子様が居られたり、ペットを飼っている方も安心です。
◎日々のメンテナンスは、一切必要ありません。
◎グリーンは目に優しく、心の安定にも一役買います。

ワンポイント♪

造花は、日が経つと葉の表面や花の細かな部分に埃が溜まりますよね?
お掃除が面倒で、結局、埃が溜まったままになりがちです。

しかし、光の楽園で使用されている光触媒効果のお陰で、
光の楽園は埃が付き難い上に、お掃除が簡単です。

それは、何故か?

光触媒のもうひとつの特性である防汚効果によるものです。
この効果のお陰で、水をかけると埃が浮いてしまうのです。

ゴシゴシと洗う必要もありません。

ベランダなどに置いておけば、乾かす手間も要りません。

もちろん、水をかけたことで光触媒の加工が取れてしまうこともございません。
※お掃除要らずの外壁と謳われている外壁材にも、光触媒加工が施されていますね。

今まで、造花を取り扱う中で一番のネックであったお掃除が、楽しくなってしまいますよ。

カテゴリー: 光触媒人工植物とは? パーマリンク