窓の無い部屋の圧迫感には植物が良いと思います

窓の無い部屋にお花や観葉植物を置きたい!

お店に来られるお客さんの中には、そういった希望をお持ちの方も時々います。

雑居ビルの中の、飲食店、スナックを始め、
病院の中、もちろん、事務所というのも少なくないわけです。

実際に、開店、開所などのオープン時には、
胡蝶蘭や観葉植物なんかをたくさん贈られるわけですが、
その後は、どうにも殺風景になってしまうんです・・とのこと。

私の住んでいる浜松市は、ほど良く田舎なもので、
窓の無い事務所とか病院というのには、あまり馴染みが無いのですが、
それでも、窓が無い、光が入らないスペースは、確かに存在します。

もちろん、もっと大都市になれば、大幅にその数は増えると思いますけど。

観葉植物を置いても、長持ちしないので、レンタルにしてみたり、
胡蝶蘭などを置いてみたりしても、それほど長持ちするものではありません。

しかし、お花やグリーンを何も置かないと、殺風景になってしまいます。

窓があったら、そこから見える風景、天気、植物などを見て、
心は若干、落ち着いたりするものですが、
窓が無ければ、窮屈に感じてしまう方も居ると思います。

窓が無いことで、窮屈さや圧迫感を感じてしまう。

それは、飲食関係の店舗はもちろん、事務所、
まして、病院などでは、お客さんや患者さんの心の奥底で、

「あそこは、なんか、窮屈だなぁ」

という思いをさせてしまう怖れも有ります。

しかも、折角、窮屈さや圧迫感を取り除こうとして置いた、
お花やグリーンが枯れていたら、致命的でしょう。

そういった点でも、光触媒の人工植物は、お薦めです。

植物同様に、光合成と同じ様な働きをするからです。

酸素こそ出しませんが、可視光(目に見える光)が当たることにより、
空気を浄化する働きがあるからです。

ホルムアルデヒト、ペット、タバコの臭い、
ウィルスの除去まで効果があります。

可視光は、蛍光灯の光でも充分ですから、
その点が、本物の植物とは違いますね。

もちろん、人工植物ですから、枯れることはありません。

お客さんの中でも、いきなり大きなものを買う方も居れば、
最初は、卓上サイズのもので様子を見る方も居られます。

また、日の当たる場所には、本物の植物を置いて、
それ以外の場所に、人工植物を・・・という使い方も良いですね。

見本で、ドラセナ(既に廃盤ですが)が置いてありますが、
見た目も本物そのもので、

「造花ですよ」と言うと、実際に触られる方も居るのですが、

「ホントに?」と聞き返されるほどの見た目と質感です。

私のかかりつけ医の待合室にも、いくつか飾ってありまして、
やはり、不思議そうに眺めている患者さんが居て、
思わず、(患者として来院した)私が説明してしまったこともあります。

土を使わないので、虫が発生することもありませんから、
飲食店や医院などの衛生面に気をつけたい場所にもお薦めです。

プラスK通販にて、各品種、各サイズを取り扱っていますので、そちらもご覧ください。

掲載し切れていない商品もありますが、少しずつ、アップしています。

頑張って、商品紹介していきますので、お楽しみに。

カテゴリー: 光触媒人工植物とは? パーマリンク